KHG岡山中央病院岡山中央奉還町病院セントラル・クリニック伊島

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ患者様へ(オプトアウト)
メールソフトを起動します。
グループトップ > 基本方針
基本方針

わたしたち、コウジン・ヘルスケア・グループの職員は当院をご利用いただく患者さんおよびご家族に対して次のように接するようにいたします。

個人の尊厳の尊重について

お一人おひとりの患者さんを、個別に敬意を持って受け入れます。

「知る」「決める」ということについて
  1. 当然のことながら、あなた個人の「知る意思」が最も尊重されます。
    (ご家族の意思とあなた個人の意思が異なった場合、あなた個人の意思が尊重されます)
  2. わたしたちは、検査・診断・治療計画(医師の治療計画・看護師の看護計画・食事療法など)・合併症・副作用などについて、いろいろな資料を使って分かりやすく説明します。
  3. この際、主治医・受持ち看護師など医療関係者の説明が分かりにくい場合、分からなかった場合、疑問がある場合、特定の希望がある場合には、ご遠慮なくお申し出ください。
  4. 納得いかないままに受けた検査や治療は、良くない結果をまねきかねません。入院・退院・手術・リハビリテーションなどの治療方針決定の際には、わたしたちは医療上の判断に基づいてあなたと一緒に考えていきます。
  5. 最終的な治療方針の決定はあなたの選択や決断を優先します。しかし病院は社会的資源であり、その効率的利用は国民一人ひとりの責務です。その意味から医学的に判断して不必要と考えられる入院はお断りします。
  6. あなたの選択や決断をわたしたちに尊重してもらえないと感じた場合、あなたはそれに関わる医療関係者の医療サービスを拒否することができます。
  7. 必要や希望があれば、適切な医療機関にご紹介します。
  8. あなたに研究の途上にある治療をおすすめする場合には、治療内容や従来の治療方法との違いなどについて、前もって十分な説明をします。その上で納得できない場合は、その治療を拒否することができます。拒否することによって不利益を被ることは決してありません。

プライバシーについて
  • わたしたちが医療行為上知りえた個人のプライバシーは、必ず守ります。

情報の開示について
  1. 皆さんからわたしたちにご指摘いただきました事項(例えば「聞聞ボックス」に寄せられたご意見など)は、すべて公表し改善の方針を明示します。
  2. 第三者による医療評価の内容についても、同様にすべて公表し対応策についても明らかにします。
  3. 病院の運営に関する情報も、できるかぎりお知らせします。

情報の共有について
  1. あなたの健康に関連する事項や過去の病気のこと、現在ほかの医療機関で治療中のことなどは、これからの治療に必要な情報です。必ずわたしたちにお知らせください。
  2. あなたの治療計画を理解できないとき、または納得できないときは、そのことをわたしたちにお知らせください。
  3. 治療中に、あなたの心や体の状態に変化が起こったり、治療計画に沿えなくなったりしたときには、そのことをわたしたちにお知らせください。

※もし、残念ながら、これらのお約束に反する職員がおりましたら、遠慮なくお申し出ください。(院長、事務部総務課、聞聞ボックスまで)
わたしたちからのお願い

  1. 診療・看護上の支援は全職員真摯に対応しますが、それを逸脱した要求に関しては対応いたしかねます。
  2. 病院の職員は病院の財産です。職員に対して思いやりをもって礼儀正しく接してください。また、その他の病院の財産についても大切に扱ってください。
  3. 病院には多数の患者さんがいらっしゃいます。安心して療養できる環境を守るように、ご協力ください。
  4. 病院内で飲酒・暴力など常軌を逸した行動をなさった方については、即刻退院していただきます。
  5. 面会時間については入院案内時にお知らせしています。お見舞いに来られた方にお伝えくださるようにお願いします。また多人数でのお見舞いは、他の患者さんにご迷惑ですのでご遠慮ください。
  6. お見舞いの方にもわたしたちの病院の方針をお伝えください。


コウジン・ヘルスケア・グループ職員行動指針

  1. 「理念」は全職員によって共有され、その達成に向けて全精力が注がれます。
  2. 「指針」は当院の医療サービスの中に生かされます。
  3. 温かく誠実な挨拶を。おもねることなく気品をもって患者さんに接しましょう。
  4. 身だしなみは、さりげなく清潔にしましょう。
  5. 明るく、積極的に、しなやかな対応を心掛けましょう。
  6. 医療の質向上への努力は、全職員の責務です。
  7. 「自分で選ぶ自分の医療」を支援しましょう。
  8. 納得いく説明、それは一方通行にならず、押しつけず、その結果には責任を持ちましょう。
  9. チーム医療の一員としての自分の役割を自覚し、責任と誇りを持ちましょう。
  10. 行動は迅速、正確に。時間の無駄遣いに注意しましょう。
  11. 良い記録はあなたを救います。
  12. 職務上、知りえた患者さんのプライバシーは守りましょう。
  13. 問い合わせ、クレームにはすぐに対応しましょう。
  14. 苦情は自分一人のものとせず、全職員で共有しましょう。
  15. 分担の壁を取り除き、協力して物事にぶつかりましょう。
  16. 思うところは進んで提言しましょう。
  17. チャレンジは進歩と可能性の中に評価されます。
  18. 情報の収集と変化の先取りを怠らないようにしましょう。
  19. 地域社会の人と良いコミュニケーションを取りましょう。
  20. 患者さんからの贈り物は、受け取ってはなりません。
  21. 病院の資産の確保は全職員の責務です。
  22. 取引先とは公正・公平に接しましょう。





トップヘ戻る