KHG岡山中央病院岡山中央奉還町病院セントラル・クリニック伊島

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせHOME
メールソフトを起動します。
グループトップ > メッセージ

メッセージ

コウジン・ヘルスケア・グループ
統括責任者 金重 哲三


コウジン・ヘルスケア・グループでは職員に向けて「あなたと共に」の精神で医療を提供させて頂く心が大事であることを伝えています。以下が職員に宛てた内容です。


「あなたと共に」という思いで「支援」する

経営理念の2番目の項目に「私たちは支援する病院です」とありますが、支援とは何でしょうか?
支援するという以上、もちろん何らかの行為をするのですが、「支援」する際に最も重要になるのは、行為そのものよりも、行為を行う時の心の在りようではないでしょうか。「あなたのために」では、支援になりません。「私」が強調される傲慢ではダメだし、施しという上位の立場でもダメだし、自分への見返りなぞ心の貧しさ以外の何ものでもありません。医療者としての私たちに出来ることは、「たかが知れている」と謙虚になることです。
実際、患者さんが自分の力で回復していく、あるいは、衰弱していくのです。どちらの場合でも、私たちができることは、ただ傍にいることだけです。おこがましいことを考えるのはやめましょう。患者さんや家族に関心を持って、傍にたたずみ、微力ながらも、相手に力を尽くすのです。相手の役に立つことならば、できることをすればいいのです。

Not doing, but being.「何かをすることではなく、そばにいること」

これが、「あなたと共に」の行動です。傍にいるということそのものが、関わりのすべての根源になっているのです。「あなたと共に」という心の在りようをなくして、「支援」はあり得ません。支援とは、何かをするという行為というより、行為するときの心の在りようで、「あなたと共に」という思いで、相手に関わっていくことです。「私たちは支援する病院です」とは、「あなたと共に」という思いであなたに関わり、「あなたの役に立ちます」ということです。


関心を持つ

「関心を持つ」ということが、「あなたと共に」の最も重要な要素です。マザー・テレサは、「愛の反対は憎しみでなく無関心」と述べましたが、「関心を持つ」ことなしに、「あなたと共に」はあり得ないのです。相手のことに真剣に関心を持ち、傲慢にならず、卑屈になることもなく、相手の役に立つことをするのです。慈悲に満ちた関心を持って寄り添うことで、「あなたと共に」在ることができるのです。心を育てないと、「あなたと共に」在ることは出来ないのです。善く生きることが出来ていないなら、関心を持つことも出来ないのです。
私生活、仕事、人の関わりなどにおいて、関心が希薄な人もいます。マザー・テレサの言う「無関心」です。自分のこと以外は、すべてに無関心な人は、相手も見えないし、周囲も見えないし、組織も見えません。関心があるのは、自分のことだけです。自分以外はどうでもいいから、本気で関わることがなく、人との関わりも、仕事の関わりも、見せかけだけです。
「関心を持つ」ことは、生きることのあらゆる面での根本をなすことです。その証拠に、ヒトは、自分に関心を寄せてくれているかどうかについては、敏感すぎるくらい敏感で、一瞬で判断します。
原始の時代から、関心を持っていてくれるかどうか、あるいは危害が加えられるかどうかは、自分の生存にかかわることだから、あらゆる思いの中でも、最も敏感になる思いなのです。敏感だから、関心が薄ければすぐに伝わります。患者家族も、ボランティアの人たちも、一緒に働いている仲間も、表面的な関心しか抱いていなければすぐに見抜いて、心からの信頼を寄せることはありません。


非常に大切な(matter)方

近代ホスピス運動に重要な役割を果たし、聖クリストファーズ・ホスピスを設立したシシリー・ソンダースは、次のように語っています。

あなたは最期の瞬間まで私たちにとって、非常に大切な(matter)方です。私たちは、あなたが平安のうちに死の旅路に旅立つためだけでなく、最期、あなたが亡くなる瞬間まで、人生を満足に生きることができるよう、最善を尽くします。

これは、「あなたと共に」の究極の姿ともいえるでしょう。関心を持つことは、その人に対し、母が子供を大切に思うよう気持ちを抱くことです。「非常に大切な(matter)方」の「matter」は、ラテン語 mater 「母」に語源があり、「新しい生命を生み出す木の内部」という意味です。母という存在が持つ意味の核心部分を言い表すのが「matter」です。寄せる思いの中核を成し、真摯な関心です。相手が人生を満足に生きることが出来るかどうか、それは相手の問題ですが、関わる私たちは、「非常に大切な(matter)方」として、真摯な関心を寄せるのです。


「Not doing, but being.」

「Not doing, but being.」ということです。真摯な関心を寄せるということは、行為ではありません。これは重要な点です。間違えやすいところですが、何かの行為をするのが、重要なのではありません。行為をしていると、いかにもよいことをしていると自惚れがちになります。しかし、手段に堕ちてしまいます。手段ではないのです。手段は見せ掛けです。そうではなく、あなたの存在そのものが、相手に響くのです。善く生きているなら、善く生きている存在としてのあなたが在ること、それ自体が真摯な関わりになっているのです。「Not doing, but being.」、「何かをすることではなく、そばにいること」とは、そういう意味なのです。

その意味において、「あなたと共に」は、易しいことではありません。あなた自身が善く生き、心を成長させていることが、大前提です。医療に関わるものは、もし真摯な気持ちで関わろうとするなら、自分の心の成長から始めなければなりません。我々のコウジン・ヘルスケア・グループにおいて、医療に関わるなら、「あなたと共に」は、最も重要な基本姿勢です。





トップヘ戻る