KHG岡山中央病院岡山中央奉還町病院セントラル・クリニック伊島

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ患者様へ(オプトアウト)
メールソフトを起動します。
グループトップ > LMD概要

LMD概要

LetMeDecide運動とは、日本語で「私に決めさせて」と言う意味です。この言葉どおり、「自分が受ける医療を自分で決めたい」と希望される方々を支援する運動ですが、この運動の着眼点は、意識の無い時の自己決定についてです。

意識のあるうちは、医師に対し自分で「痛いのはいやだ」「もう少し考えさせて」など、自分の意志を伝えられるかもしれません。しかし、もしあなたが交通事故などで意識不明になってしまったら、どうでしょう?治療の甲斐あって意識を取り戻し、社会復帰できれば言うことはありませんが、そのまま意識が戻らず、植物状態のまま何年も延命医療を受けて死を迎える可能性もあるのです。

後者の場合、本人の明確な意志表示がないので、家族はあなたに代わって医療の選択をせまられます。例えどのような選択をしても、家族は「本当に良かったのか・・・、自分の選択は間違っていなかったか・・・」と長い間、後悔し続けることになるかもしれません。

一方、医療側もジレンマを抱えています。例え、助かる見込みがないとわかっていても、本人の明確な意思表示がない故に、現代医療を駆使してベストを尽くさねばなりません。「自分なら嫌だ」と思うような医療を行わねばならないというジレンマです。

こうしたことを背景に、このLMD運動は、カナダのウィリアム・モーロイ医学博士の手によって生まれました。モーロイ氏は「病気になった場合の事前指定書」を考案しました。この事前指定書は、意識のない時に自分が受けたい医療を明確にしておくものです。

このLMD運動をもっと詳しく知りたい方、事前指定書に興味のある方は、お気軽に当院にご連絡ください。


地域医療支援病院 岡山中央病院
〒700-0017岡山県岡山市北区伊島北町6−3
TEL:086-252-5002(地域支援相談室直通)






トップヘ戻る