KHG岡山中央病院岡山中央奉還町病院セントラル・クリニック伊島

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせHOME
メールソフトを起動します。
グループトップ > 泌尿器科

泌尿器科

診療方針

岡山中央病院 泌尿器科は、昭和26年の病院開設当時から診療を開始しており、現在も病院の看板診療科の一つとしての責任を担っています。他院に先がけて積極的に取り組んできた尿路結石治療を中心に、岡山市内でも中心的存在として日々の診療に当たっています。


昭和62年8月に体外衝撃波による腎・尿管結石破砕治療(ESWL)機器を導入し、それ以降尿路結石の治療に力を注いできました。導入初期には副作用も経過も手探りであったため、皆様に入院していただき、全員に麻酔(硬膜外麻酔や腰椎麻酔)を行っていましたが、次第に鎮痛剤(注射あるいは座薬)によるESWLとなったため、治療が外来へ移行してまいりました。約10年前には90%の方が外来治療となり、昨年は635例中ほとんどの方が外来で治療を受けておられます。外来治療は月曜〜金曜は外来時間内の受診であれば、治療が必要な方にはその日中に対応させていただく体制をとり、お待たせしない治療を心がけています。


尿路結石治療に関しては、社会のニーズに応えるべく、外来日帰りESWL(体外衝撃波結石破砕術)のシステムを確立しており、治療が必要な患者さんに対しては、即日、日帰りという形で、より迅速な治療を提供しております。また尿路結石のみならず、 前立腺肥大症などの良性疾患、各種悪性腫瘍(腎臓、腎盂・尿管、膀胱、前立腺、精巣など)をはじめ、泌尿器科疾患全般に渡って幅広く積極的に診療をおこなっています(詳しくは実績を参照ください)。


入院でのESWL治療をされる方は、高齢あるいは脊髄損傷などの傷害で通院が困難な方・抗凝固剤(血液がサラサラになる薬)を中止できない方・結石が非常に大きく、他の追加治療が必要な方・尿路感染症が長引いている方などがあげられますが、この方たちも順調に軽快、治癒し退院しています。


ESWLによる治療は約85%の方は単独での治療が可能ですが、残り15%の方には他の治療法(尿道から内視鏡を挿入し、尿管結石を砕石、摘出する方法:TUL、背中から腎臓を穿刺して拡張し、内視鏡下に結石を砕石、摘出する方法:PNLなど)が必要になることがあります。当院ではTULが年間100例、PNLが10例程度行われています。


尿路結石は長時間尿管を閉塞した場合や、その成分によって非常にESWL治療が効果をあげることのできないこともありますが、1年間で700例を超える治療経験を生かしてできるだけ早く結石から解放されること、また再発を防ぐ指導にも取り組んでまいります。

岡山中央病院泌尿器科の詳細のご案内はこちら(専用ページへ)


治療方針

女性尿失禁外来をしています

中高年の女性に多い尿もれは下記3つのタイプに大別されます。

(1)オシッコの間隔が短く、はずむと我慢ができず下着を濡らしてしまう「切迫性尿失禁」
(2)咳やクシャミ、スポーツの時などに尿が漏れてしまう「腹圧性尿失禁」
(3)これらがいずれもみられる「混合性尿失禁」

尿失禁が起こる原因として、結石やがんなどの泌尿器系の病気や、子宮下垂など婦人科系の病気が潜んでいることもありますから、たかがオモラシだからと我慢は禁物です。一方で原因がわかれば様々な治療法があります。切迫性尿失禁の治療は内服薬が主体になることが多く、腹圧性尿失禁に関しては体操や内服薬に加えて手術もあり、短期間の入院で良好な効果が期待できます。(もちろん保険診療です)

当院では女性の専門医師が、婦人科医師とも密に連携を取りながら診察しております。まずはお気軽にご相談ください。

また、岡山中央病院泌尿器科は2004年からセカンド・オピニオン外来を行っています。

セカンド・オピニオン外来の詳細はこちら(岡山中央病院泌尿器科専用ページへ)


泌尿器科症状の救急対応について

岡山中央病院では休日、診療時間外、夜間帯においても泌尿器科の症状(尿路結石の痛み、膀胱炎、血尿、尿閉)で救急受診ができます。 当日は当直医の対応となり、必要に応じ後日改めて泌尿器科専門医をご受診いただきますが、症状によっては夜間でも泌尿器科専門医が診察をいたします。 受診の際はまずお電話でお問い合わせのうえご来院ください。

土曜、日祝日、夜間帯は尿路結石症状は痛みの対応のみとなり、根本的な結石破砕治療は平日の診療時間内に実施となります。)


 

医師紹介

泌尿器科部長
橋本 英昭(はしもと ひであき)

橋本 英昭(はしもと ひであき)
卒業年平成元年
専 門 ICD
泌尿器科全般
資 格 日本泌尿器科学会専門医
日本泌尿器科学会指導医

小林 知子(こばやし ともこ)

小林 知子(こばやし ともこ)
卒業年平成12年
専 門 泌尿器科腫瘍
女性泌尿器科疾患
資 格 日本泌尿器科学会専門医
日本泌尿器科学会指導医
日本がん治療認定医

山下 真弘(やました まさひろ)

山下 真弘(やました まさひろ)
卒業年平成22年
専 門 泌尿器科一般


診療実績

泌尿器科の診療実績はこちら(岡山中央病院泌尿器科専用ページへ)





トップヘ戻る