KHG岡山中央病院岡山中央奉還町病院セントラル・クリニック伊島

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせHOME
メールソフトを起動します。
グループトップ > 救急科 > 疾病情報 > できると安心「心肺蘇生法(しんぱいそせいほう)」

救急科

疾病情報

できると安心「心肺蘇生法(しんぱいそせいほう)」

目の前で誰かが倒れていたらどうしますか?
救急車が到着するまで必要に応じて心臓マッサージや人工呼吸を行います。心肺蘇生法の学習を1度行ったからといって大丈夫というものではありません。繰り返し学習することで、いざという時に対処できるようにしておきましょう。


1.意識を確認する
目の前で人が倒れたら(倒れている人を見つけたら)
軽く肩をたたいて
「大丈夫ですか?」と声をかける

2.人を呼ぼう

「誰かきて!!」
「救急車をお願いします」と大きい声で人を呼んでください。
周りに人がいない場合は、自分で119番をしましょう。

3.呼吸を確認する


呼吸があるかどうかを確認する。
息がなければ、頭を後にそらせて下あごを上方に引き上げ、空気の通り道(気道)を確保する


4.呼吸を確認する


呼吸が止まっていたら、気道を確保したままで人工呼吸を始めましょう。

  1. 額に手を置き、人差し指と親指で鼻をつまむ。
  2. 空気が漏れないように口全体を覆うように自分の口を大きく開け、2秒かけて息を吹き込む。
  3. 横目で胸が膨らむのを確認しながら行う。
5.再度呼吸の確認をする


人工呼吸を2回行ったら確認をする

  【ポイント】


  • 呼吸があるか
  • せきをするか
  • 体が動くか
これら3つのサインが
全てなかったら
心臓が止まっていると
判断する
心臓マッサージが
必要!!

6.心臓マッサージの方法

1.倒れている人の横に、両膝を立てて座る。
2.中指1本で肋骨の下縁部に沿って上になぞる。
3.みぞおちの上までなぞる。
4.みぞおちの上2本をあてる。
5.もう片手の手の親指の付け根をその2本指より頭側隣へあてる。
6.指を組んで肘をまっすぐに伸ばし、自分の体重を垂直にかけるようにして15回押し下げる。
※ 1分間に100回の速さで行ってください。

人工呼吸2回、心臓マッサージ15回を繰り返し行い、救急隊の到着を待つ

人工呼吸2回、心臓マッサージ15回を2セット行ったら、 息をしているか確かめてください。

救急科の他の疾病情報についてはこちらをご参照ください





トップヘ戻る