KHG岡山中央病院岡山中央奉還町病院セントラル・クリニック伊島

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせHOME
メールソフトを起動します。
グループトップ > 救急科 > 疾病情報 > できると安心!救急処置「AED」

救急科

疾病情報

できると安心!救急処置「AED」

AED AEDというものをご存知ですか。これは突然に心臓が止状態に陥った時、心臓に電気ショックを与えて正常な状態に戻す医療機器です。心肺蘇生をただちに実施すると、助かる可能性が非常に高くなります。


AED(自動体外式除細動器)
操作方法

電極シールを胸に貼り付け(絵で表示)電源を入れる。

音声案内にそって行う。

AEDは心臓のリズムから治療のために電気ショック(除細動)が必要かどうかを自動的に判断します。電気ショック(除細動)が必要なときのみ、電気ショック(除細動)を実行することが可能です。

AEDは米国や英国では、講習を受けていれば一般市民でも使用を許可されていましたが、日本では、医療従事者以外の使用は認められていませんでした。しかし、平成16年7月1日厚生労働省より、一般住民のAED使用に関しての報告書が出されました。


使用の条件

(使用する場合は次の条件を満たしていることが必要となります。)


  1. 医師がおらず、速やかな対応が困難な時
  2. 倒れている人の意識、呼吸がないことを確認していること
  3. 使用者がAEDの使用に必要な講習を受けていること
  4. 使用するAEDが薬事法上の承認を受けているものであること

これから、色々な場所でAEDを目にするようになってくると思います。いざという時、あなたの行動がひとりの命を助ける手助けとなります。 AED設置場所マーク
AED設置場所マーク
救命の連鎖とは

救急科の他の疾病情報についてはこちらをご参照ください





トップヘ戻る