KHG岡山中央病院岡山中央奉還町病院セントラル・クリニック伊島

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ患者様へ(オプトアウト)
メールソフトを起動します。
グループトップ > ESWL:結石破砕装置

ESWL:結石破砕装置

現在は、Dornier社のLithotripter DとSIEMENS社のLITHOSTAR Multilineの2台併用で行っております。

岡山中央病院の結石破砕装置の機種

1. LITHOSTAR Multiline(SIEMENS)

LITHOSTAR Multiline(SIEMENS)ドイツシーメンス社製で操作が簡便なため、迅速な位置合わせが可能です。同軸インラインX線(衝撃派と同じ方向のX線により、的確な位置決めが可能)を内蔵しているのもこの機種の特徴です。衝撃派発生方式は電磁変換方式で、十分な破砕効果も得られます。岡山中央病院のように、日帰りで何例も行うのには最適の機種です。

2. Lithotripter D (Dornier)

Lithotripter D (Dornier)ESWLの機器としては世界で一番採用されているESWLのパイオニアであるDornier社特有の破砕力が魅力です。衝撃派のヘッドの位置も自在に動かせるため、結石の位置にかかわらず、患者さんは仰臥位での治療が可能であることもこの機種の優れた点の一つです。

結石破砕装置の写真 昭和62年8月に体外衝撃波による腎・尿管結石破砕治療(ESWL)機器を導入し、それ以降尿路結石の治療に力を注いできました。
導入初期には、皆様に入院していただいていましたが、今では外来治療へ移行となり、昨年は700例中ほとんどの方が外来で治療を受けておられます。外来治療は月曜〜金曜は外来時間内の受診であれば、治療が必要な方にはその日中に対応させていただく体制をとり、お待たせしない治療を心がけています。
入院でのESWL治療をされる方は、高齢あるいは脊髄損傷などの傷害で通院が困難な方・抗凝固剤(血液がサラサラになる薬)を中止できない方・結石が非常に大きく、他の追加治療が必要な方・尿路感染症が長引いている方などがあげられますが、この方たちも順調に軽快、治癒し退院しています。
ESWLによる治療は約85%の方は単独での治療が可能ですが、残り15%の方には他の治療法(尿道から内視鏡を挿入し、尿管結石を砕石、摘出する方法:TUL、背中から腎臓を穿刺して拡張し、内視鏡下に結石を砕石、摘出する方法:PNLなど)が必要になることがあります。当院ではTULが年間100-110例、PNLが10例程度行われています。
尿路結石は長時間尿管を閉塞した場合や、その成分によって非常にESWL治療が効果をあげることのできないこともありますが、 1年間で700例を超える治療経験を生かしてできるだけ早く結石から解放されること、また再発を防ぐ指導にも取り組んでまいります。


岡山中央病院泌尿器科(結石)のご案内はこちら(専用ページへ)





トップヘ戻る