• コウジン・ヘルスケア・グループ
  • 岡山中央病院
  • 岡山中央奉還町病院
  • セントラル・クリニック伊島
HOME>白内障・眼内レンズ手術

白内障・眼内レンズ手術

60歳をすぎた頃から発症するかすみ目、視力低下の原因の1つに白内障があります。白内障は、水晶体が濁ってくることで眼底(網膜)に光が届きにくくなり、かすんで見えたり、明かりところがまぶしくなる、視力の低下...等の症状が起こってきます。原因は加齢によることが多いですが、糖尿病の合併、薬剤性、アトピー等病気や病気の治療による副作用で水晶体が濁ってくることがあります。
白内障の治療は手術を行います。水晶体の濁りを除去して、水晶体の代わりとなる人工のレンズ(眼内レンズ)を挿入します。当院での白内障手術は、日帰り手術、入院での手術の両方に対応しています。


白内障とは

白内障とは、様々な原因により水晶体が濁ってきたためにかすみ目、まぶしい、視力低下、等の症状が出現する病気です。
人の目は、よくカメラにたとえられますが、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。水晶体は直径9mm、厚さ4mmの凸レンズの形をしていて、膜(嚢)に包まれています。この前面が「前嚢」、後面が「後嚢」と呼ばれています。
正常な水晶体は透明で、光をよく通します。しかし、さまざまな原因で元々透明であった水晶体の中身のたんぱく質が変化して濁ってきます。これが「白内障」です。水晶体が濁ると、光がうまく透過できなかったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。


白内障の原因

白内障の原因のほとんどは加齢によるものです。加齢により水晶体が少しずつ濁ってきます。70歳を過ぎて白内障が全くない方はほとんどいません。
その他の原因として、糖尿病の合併症、アトピー性皮膚炎、ステロイド等の薬剤の長期使用による、先天性...等があります。


白内障の症状

視力低下、霧視感(かすみ目)を自覚します。眼鏡をかけても見えにくさが変わらない場合白内障が進行してきている可能性があります。また視力低下、霧視感を自覚しなくても明るい場所での羞明感(まぶしさ)を感じるとき白内障が出現してきていることがあります。


白内障の治療

白内障の治療は手術です。混濁した水晶体を取り除いて、代わりに人工のレンズを入れる超音波乳化吸引術+眼内レンズ挿入術が、現在の白内障手術の主流となっています。
白内障に対する点眼薬、内服薬がありますが、これらは混濁の進行を予防する効果でしかなく、濁った水晶体を透明にする、白内障を治癒させる効果は残念ながらありません。


白内障手術

白内障の治療は手術を行います。水晶体の濁りを除去して、水晶体の代わりとなる人工のレンズ(眼内レンズ)を挿入します。当院での白内障手術は、日帰り手術、入院(1泊2日、2泊3日)での手術の両方に対応しています。


セントラル・クリニック伊島 眼科、岡山中央病院での白内障手術

日帰り手術、入院のどちらでも選択できます。手術方法は、強角膜切開あるいは角膜切開による超音波乳化吸引術、眼内レンズは折りたたみレンズ(フォールダブルレンズ)を使用して、小切開口からインジェクターで挿入します。超音波乳化吸引を行う機械は、Alcon社の「インフィニティー」、眼内レンズは、数社の中から患者さんに一番合ったレンズを使用しています。(眼内レンズは手術法により変更になる場合があります)

白内障手術(超音波乳化吸引術+眼内レンズ挿入術)

水晶体前嚢切開 1.水晶体前嚢切開
黒目と白目の境を2.4〜3.0mm切開します。
水晶体の濁りのみを取り出しますので水晶体の前嚢を直径約5mmの円形に取ります。
↓
水晶体吸出し 2.水晶体吸出し
超音波白内障乳化吸引装置を用いて水晶体の中身を砕いて(乳化)し、吸い出します。
↓
眼内レンズ挿入 3.眼内レンズ挿入
空になった水晶体嚢内に直径6mmの眼内レンズを折りたたんで挿入します。


白内障手術の流れ


白内障手術の流れ

手術費用

入院の方は食事代、お部屋代(大部屋)を含みます。 (単位:円)
日帰り手術・入院による手術 1割負担 3割負担
日帰り 約12,000 約42,000
入院(1泊2日・大部屋) 約35,000 約90,000
入院(2泊3日・大部屋) 約35,000 約90,000

白内障術後の経過と養生

白内障術後は、目が充血することがあります。また、目がゴロゴロする涙が出る、目がかすむなどの症状が出ることもあります。これらの症状は、数日から1〜2週間で治まります。手術後1〜3ヶ月は、手術で起きた炎症を抑え、感染を防ぐ為に医師の指示とおりに点眼薬を使用します。


<白内障術後の日常生活における制限の目安>

洗顔、入浴 術後1週間は、入浴、洗顔、洗髪はできません。顔をふく程度にして下さい。美容室での洗髪は、術後2日目からできます。術後3日目から首から下の入浴は可能ですが、目に石けんや水が入らないように注意してください. 仕事 家事やデスクワークは制限なし。力仕事は、2週間を超えてからにして下さい。術後1週間目から軽い運動ができます。その他 術後1週間は保護眼鏡を装用してください。外出する時は、1ヶ月は装用してください。
診察、検査はセントラル・クリニック伊島の眼科で、手術は岡山中央病院で施行しています。


トップへ戻る
HOME
眼科について
保険診療と自費診療
白内障・眼内レンズ手術
オルソケラトロジー
LASIK(レーシック)手術
ICL(有水晶体眼内レンズ)手術
角膜切除術
翼状片手術
コンタクトレンズ
学校検診の紙をもらったら
人間ドック要精査
目の病気