KHG岡山中央病院岡山中央奉還町病院セントラル・クリニック伊島

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ患者様へ(オプトアウト)
086-252-3221
メールソフトを起動します。
病院のご案内
グループトップ > 岡山中央病院 > 院内感染対策のための指針

院内感染対策のための指針

1.院内感染対策に関する基本的な考え方

岡山中央病院(以下「当院」という)は、安全で良質な医療の提供を行い、患者満足の創造を目的としています。 感染による入院の延長や医療コストの増加等に伴う患者不利益を未然に防止するとともに、 ひとたび感染症が発症した際には、拡大防止対策のために、原因を速やかに特定して、制圧、終息に努めます。 院内感染防止対策を全職員が把握し、病院理念に則した医療を提供することを目的とします。


2.院内感染対策のための委員会等の組織に関する基本的事項

当院における感染防止対策を総合的に企画、実施するために、各部署からの構成員で組織する感染防止対策委員会を設置し、 毎月1回定期的に委員会を開催しております。また、緊急時には、必要に応じ臨時に同委員会を開催しております。
さらに下部組織として感染制御チームとして医師、看護師、薬剤師、検査技師で構成されたメンバーが、毎週1回院内を巡回して院内感染防止対策を推進しています。


3.院内感染対策のための病院職員に対する研修に関する基本的方針

病院職員の感染対策に対する意識向上を図るために、感染対策に関する研修を年2回行うほか、必要に応じて実施します。


4.感染症発生状況の報告に関する基本方針

院内感染の発生の予防およびまん延の防止を図るため、病院における感染症の発生状況を週1回毎に「感染情報レポート」として病院職員に周知するほか、必要に応じてリアルタイムな情報の共有に努めます。


5.院内感染発生時の対応に関する基本的方針

院内感染発生が疑われる事例が発生した場合には、感染制御チームが速やかに現状の確認、感染対策の徹底などを行い、感染拡大を防止します。 状況は随時病院長に報告されます。届出義務のある感染症患者が発生した場合は、法律に準じて行政機関へ報告します。


6.患者等に関する指針の閲覧に関する基本方針

この指針は患者または家族の方へ感染対策への理解と協力を得るため、院内掲示や病院ホームページに掲載を行い、積極的な閲覧の推進に努めます。


7.病院における院内感染対策の推進のために必要な基本方針

院内感染対策の推進のため、「感染防止マニュアル」を整備して、病院職員への周知徹底を図ります。また、このマニュアルの定期的な見直しを行います。


平成24年4月1日
岡山中央病院
院長 岡部 亨





トップヘ戻る