KHG岡山中央病院岡山中央奉還町病院セントラル・クリニック伊島

社会医療法人 鴻仁会 岡山中央病院

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせHOME
086-252-3221
メールソフトを起動します。
病院のご案内
グループトップ > 岡山中央病院 > 超電導式磁気共鳴画像診断装置(MRI)

MRI(磁気共鳴画像診断装置)

超電導式磁気共鳴画像診断装置(MRI)の写真 岡山中央病院のMRIは、アメリカGE社製を導入しています。
MRIは、放射線を使用せずに、強力な磁石(磁気共鳴反応)を用いて画像を作成する装置で他の放射線検査と異なり、放射線による被ばくの心配はありません。
検査時間は約20分から1時間程度です。(検査内容によって異なります。)
検査中は工事現場のような大きな音が鳴り続けます。そのためヘッドホンや耳栓をつけて検査を行います。
1.5テスラの高磁場で撮影することにより、検査時間の短縮と高画質な画像を提供することができます。
24時間365日体制で検査を行い、緊急検査や紹介検査にも対応しています。






トップヘ戻る