KHG岡山中央病院岡山中央奉還町病院セントラル・クリニック伊島

社会医療法人 鴻仁会 岡山中央病院

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ患者様へ(オプトアウト)
086-252-3221
メールソフトを起動します。
診療内容のご案内

消化器内科

診療の特徴

消化器内科診療の特徴は、1)消化器癌の早期発見(特に女性で急増している大腸癌)、2)若年者で増加している炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)の先端的治療、3)胃もたれ、胃痛などを主症状とする機能性ディスペプシアや突然の下痢を引き起こす過敏性腸症候群などの機能性胃腸症、胸焼けを主症状とする胃食道逆流症などに力を入れております。特に、炎症性腸疾患は国の難病特定疾患に指定されており定期的な通院・加療が必要ですので、当院では炎症性腸疾患(IBD)外来を設置しております。また、女性の患者様のニーズにお応えするため、セントラル・クリニック伊島の女性健康支援センターでも女性消化器内科外来を行っております。


診療内容

内視鏡による消化器癌の早期発見

一般的に、胃癌や大腸癌は早期に発見すれば、内視鏡的治療で治癒が可能であることが明らかにされています。循環器病・糖尿病・透析の患者様は高齢者が多く、消化器癌が合併している可能性があるため、当院では,内視鏡検査で早期発見に努めております。

胃癌

胃癌は日本人に多い癌で、胃癌検診の普及などにより胃癌の死亡率は低下傾向にありますが、まだ,死亡数の多い病気です。日本人に胃癌の発生が多い原因として、ヘリコバクター・ピロリと呼ばれる細菌が胃の中に住み着き胃癌を発生させることが明らかにされています。このため、当院ではピロリ菌の除菌治療(保険適応)を積極的に行っております。また、食塩の摂取が多いことも胃癌になりやい要因になっていることが明らかにされています。胃癌は早期には症状がないことが多く、中高年者は症状がなくても胃癌検診を受けることが重要です。胃癌検診の方法はバリウムを飲んで撮影する胃X線検査が一般的ですが、当院ではより早期の小さな胃癌を発見するため胃内視鏡検査を積極的に行っています。

大腸癌

大腸癌は、近年、本邦で増加している癌で、女性のがんの死亡率の第1位は大腸癌です。大腸癌が増加する要因としては、食事の欧米化による脂肪摂取の増加や運動不足などのライフスタイルの変化が指摘されています。大腸癌も、早期では無症状のことが多いので、40歳以上の方で癌が心配な方は精度の高い大腸内視鏡による検診をお勧めいたします。そうでなければ、少なくとも大腸癌検診(便潜血検査)を積極的に受けていただき、陽性者は必ず大腸内視鏡検査による精査をお勧め致します。


潰瘍性大腸炎/クローン病の最新治療

潰瘍性大腸炎・クローン病は慢性に下痢や腹痛、下血などをきたす原因不明の疾患で、難病特定疾患に指定されています。これらの疾患は年々増加しており、厚生省の全国特定疾患受給者数の統計によれば、2013年の潰瘍性大腸炎は15万人、クローン病は3.8万人を超える方が罹患し、20代から40代の比較的若年者に多いことが特徴です。当院では、QOL向上のために,少しでも早く確実・安全に炎症を抑える治療を行っております。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎では新しい抗炎症薬(商品名=ペンタサ,アサコール)やアザチオプリンなどの免疫調節剤、ステロイドで治療し,難治例では,白血球除去療法,抗TNFα抗体(商品名=レミケード、ヒュミラ)を用いて治療しております。

クローン病

クローン病では栄養療法や免疫調節剤,抗TNFα抗体(商品名=レミケード,ヒュミラ)など病状に応じて組み合わせて最新の治療を行っております。
 
 ◎炎症性腸疾患(IBD)専門外来・・・毎週木曜日午前


機能性胃腸症の治療
機能性ディスペプシア

胃もたれ,むかつき,胃の痛みがあり,胃内視鏡検査しても器質的疾患がみられない場合,機能性ディスペプシアと診断されます。原因としてストレス,胃の運動異常,消化管の知覚過敏などが考えられています。最近,胃内へ酸の注入により,さまざまな上腹部痛や胃もたれが誘発されることが証明され,胃もたれの出現に胃酸分泌が関わっている可能性が明らかになっています。当院では,機能性ディスペプシアに対して,胃酸抑制薬や消化管運動改善薬などを用いた新しい薬物療法を行っております。

過敏性腸症候群

通勤電車の中,車の運転中,大事な商談中にでも突然我慢できないような便意が起こって下痢をする場合や下痢と便秘を繰り返す場合,過敏性腸症候群が疑われます。当院では,新しい薬物であるラモセトロン(商品名=イリボー)を用いて治療しております。



医師紹介

岡山中央病院 顧問
藤村 宜憲(ふじむら よしのり)

藤村 宜憲(ふじむら よしのり)
卒業年昭和55年卒
専 門内科、消化器内科(消化器内視鏡、胃腸病、消化器癌、潰瘍性大腸炎、クローン病)
資 格 内科学会指導医・総合内科専門医
消化器病学会指導医・専門医
消化器内視鏡学会指導医・専門医
消化管学会胃腸科指導医・専門医
消化器がん検診学会指導医
人間ドック学会認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
米国消化器病学会上級会員(AGA Fellow)・国際会員
医学博士
学会役職 内科学会支部評議員
消化器病学会評議員
消化器内視鏡学会評議員
消化管学会評議員
消化器がん検診学会評議員
受賞 内科学会奨励賞、消化器内視鏡学会賞、
臨床電子顕微鏡学会奨励賞、岡山県医師会学術奨励賞、
山陽放送学術文化財団研究助成賞など
趣味 写真(二科展写真部入選、県展入選など)、愛犬と散歩

消化器内科の外来診療表はこちら





トップヘ戻る