KHG岡山中央病院岡山中央奉還町病院セントラル・クリニック伊島

社会医療法人 鴻仁会 岡山中央病院

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ患者様へ(オプトアウト)
086-252-3221
メールソフトを起動します。
医療関係者の方へ
グループトップ > 岡山中央病院 > 患者さんの相談窓口 > 腹膜透析を自宅で受けられる方へ

患者さんの相談窓口

腹膜透析を自宅で受けられる方へ

慢性腎不全で腹膜透析を始めると加温器が必要となります。
そこで、自宅で腹膜透析を始められる方が利用できる制度があります。

日常生活用具貸与・給付(透析液加温器)
● 日常生活用具とは…
福祉事務所が、在宅の障害者(18歳以上)の日常生活をより円滑に行えるよう、必要に応じて日常生活用具を給付しています。
● 透析液加温器とは…
腎臓機能障害3級以上で自己連続携行式腹膜灌流(CAPD)による透析を行っている方に限られます。
● 負担額…
原則として1割(本人または家族の所得状況に応じて上限あり)
※基準の単価を超える場合、超えた額は実費負担になります。
【申請に必要な書類】
  • 申請書
  • 身体障害者手帳
  • 印鑑
  • (登録業者の見積書)
    ※中央病院の場合は、西日本メディカルリンクまたはテルモ

手続きの流れ
申請
↓
利用者と登録業者との契約
↓
支給決定 ※
↓
製品引渡し

※決定までには約2週間ほど必要です


お知らせ

平成18年10月から障害者自立支援法の地域生活支援事業による日常生活用具給付に変わりました。詳しい内容は住所地管轄の福祉事務所へご案内があります。

その他ご不明な点がございましたら、当院の医療ソーシャルワーカーへお尋ねください。
※秘密は厳守いたします。お気軽にご相談ください。

相談時間月〜金 / 9:00〜16:00 土 / 9:00〜12:00
相談室場所岡山中央病院1階
連絡先医療相談室
岡山中央病院 TEL:086-252-3221(代表)




トップヘ戻る