KHG岡山中央病院岡山中央奉還町病院セントラル・クリニック伊島

社会医療法人 鴻仁会 岡山中央奉還町病院

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせHOME
086-251-2222
メールソフトを起動します。
診療内容のご紹介
グループトップ > 岡山中央奉還町病院 > 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは?

回復期リハビリテーション病棟の写真1 日常生活動作(ADL)能力の向上による寝たきり防止と社会・家庭復帰を目標としている方々を支援するために、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・介護福祉士・社会福祉士などの専門家が共同で個人のリハビリテーションプログラムを作成し、これに基づいた効果的なリハビリテーションを行うための病棟です。

対象となる方

  • 脳血管疾患の患者さんで、発症または手術後2ヶ月以内である方。
  • 大腿骨、骨盤、脊髄、股関節または膝関節の骨折の患者さんで、発症または手術後2ヶ月以内である方。
  • 外科手術や肺炎等の治療の安静によって生じた廃用症候群の患者さんで、発症または手術後2ヶ月以内である方。

更に以下の3点を満たす患者さんが対象の病院です。
  1. リハビリテーションにより、回復の可能性がある
  2. リハビリテーションに、患者さんが意欲的に取り組む意思がある
  3. リハビリテーション終了後、在宅(施設)に戻る

多職種によるチームアプローチ

患者さんとご家族と医師、看護師、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、介護福祉士、社会福祉士の関わりのイメージ 岡山中央奉還町病院でのリハビリは、単に専門家集団がそれぞれのリハビリテーション計画に沿って行われるのではなく、綿密なカンファレンス、徹底した情報共有などによって実現される、より高度で質の高いものです。

患者さんと関わる全てのスタッフが、きめ細かい情報をもとに全員でリハビリテーション計画を立て、定期的に見直し、早期の機能回復、能力向上を目指します。

私たち回復期リハビリチームは、患者さんの「満足」を創造するために、力を合わせて「支援」します。

患者さんの「入院生活=リハビリ」です。 365日・24時間リハビリ

岡山中央奉還町病院では、患者さんが朝起きて寝るまでの生活そのものを「リハビリ」と捉え、看護師・介護福祉士・療法士によるチームで病棟で患者さんの生活リハビリに関わっていきます。

朝昼夕の食事前後の歩行・食事・歯磨き・トイレの動作のリハビリなど、歩ける患者さんは歩いてトイレに行き、立って歯を磨ける患者さんは立って歯を磨くことができるよう支援しています。

リアルタイムのリハビリの写真入院生活の流れの中でリアルタイムのリハビリを提供しています。 リハビリの写真日曜日や祝日も休まず365日リハビリを受けることができます。
多くの療法士の写真当院は理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など多くの療法士がそろっており、一日に平均2〜3時間、患者さんの目標に合わせたリハビリを提供します。 病棟での生活リハビリの写真療法士も早出遅出勤務を行い、病棟での生活リハビリに関わっています。

患者さん・ご家族との定期的な話し合い

個別リハビリの写真 入院時や入院中も定期的に患者さん本人、ご家族の方に対して患者さんの現在の状態を説明し、今後の治療方針について話し合う時間を持っています。

患者さんのリハビリが進み、元気になって退院するためにはご家族のご協力が必要不可欠です。

医師紹介

岡山中央奉還町病院 院長
小林 良三(こばやし りょうぞう)

小林 良三(こばやし りょうぞう)
卒業年昭和54年
専 門 感染制御 重症管理
資 格 医学博士
日本救急医学会専門医
日本外科学会認定医
日本環境感染症学会認定医
日本救急医学会ICLSコーディネーター
日本DMATインストラクター
AMATインストラクター
CBRNEインストラクター
学会役職 日本集団災害医学会MCLS管理世話人

林 泰明(はやし やすあき)

林 泰明(はやし やすあき)
卒業年昭和37年
専 門 臨床神経学
資 格 日本老年精神医学会専門医
認知症サポート医
日本神経学会専門医
日本内科学会認定医
精神科専門医
精神保健法指定医

施設概要

回復期リハビリテーション病棟とリハビリテーションセンターの写真 岡山中央病院奉還町病院 回復期リハビリテーション病棟は、病床数66床とリハビリテーションセンターで構成されています。

また、当院では平成14年11月に日本医療機能評価機構からの認定を頂き、患者さんに対して365日・24時間質の高いリハビリを提供できる体制を整えています。

●リハビリテーションセンター
リハビリテーションセンターでは、理学療法・作業療法・言語聴覚療法において、患者さんのリハビリ時間をしっかり取り、マンツーマンでじっくり患者さんに関わる体制をつくり、個別性のある、質の高いリハビリを実践しています。

さらに岡山中央奉還町病院では、高い専門知識や技術だけでなく人間性にも優れた療法士を育成していくことを目標に掲げ、定期的に勉強会の開催や研修会への参加、研究や学会発表などに取り組んでいます。


回復期リハビリテーション病棟 入院のご案内はこちら





トップヘ戻る