KHG岡山中央病院岡山中央奉還町病院セントラル・クリニック伊島

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ患者様へ(オプトアウト)
メールソフトを起動します。
グループトップ > 医療従事者向け研修会

医療従事者向け研修会

講演概要

心臓カテーテル検査/治療の実際
講師循環器内科 医師 宮地 晃平
日時2019年9月12日(木)19時〜20時
場所岡山中央病院2階セミナー室
対象医療従事者
問い合わせ岡山中央病院 地域支援相談室
TEL:086-252-5002(土・日・祝日のぞく8:30〜17:00)
FAX:086-252-3929
概要 近年、急激な高齢化に伴い、循環器疾患の患者さんを診察する機会はますます増加しています。一方で医療の進歩は目覚ましく、新しい治療法が次々に開発されています。
それに伴い、今年4月に、虚血性心疾患/不整脈疾患の診療に関するガイドラインが相次いで改訂されました。循環器領域の中でも疾患は細分化され、それぞれの診療において、高い専門性が求められるようになっています。
このような状況を踏まえ、心臓カテーテル検査/治療の実際について、当院で行っている診療を中心に概説する予定です。

 
脳神経外科における新しい3テスラMRIのご紹介
講師脳神経外科 医師 平野 一宏
日時2019年7月11日(木)19時〜20時
場所岡山中央病院2階セミナー室
対象医療従事者
問い合わせ岡山中央病院 地域支援相談室
TEL:086-252-5002(土・日・祝日のぞく8:30〜17:00)
FAX:086-252-3929
概要 当院では、2018年12月から、最新鋭の 高磁場3T(テスラ)MRI装置(GE社 SIGNA Architect)を導入しました。そこで脳神経外科領域で3.0T MRIでは、どのような利用ができるのか紹介したいと思います。
1.イメージング性能、撮像スピード
・脳実質はどのように見えるか、脳血管はどこまで見えるか?
・rtPA(アルテプラーゼ)静注療法適正治療指針第三版のご紹介(2019年3月)
2.下垂体や脳神経はどこまで見えるか?
・トルコ鞍空洞症候群による視神経障害症例
・T1 Cube、T2 Cubeによる高画質のご紹介
3.MRIを用いた全身がん検診「DWIBS(ドヴイブス)検査」について
・トルーソー症候群による脳梗塞症例
・原発巣、転移巣はどこまで見えるか?



トップヘ戻る